hidechichi.hatenablog.com

 前記事からの続きです。

 

夫婦喧嘩慣れ?していない二人

だけに、モヤモヤとした一夜が

明けてからも、どこかギクシャク

していたのを覚えています。

 

妻は出産という大仕事を終えた

ばかりの身体だし、いくら自ら

里帰りを拒んだとはいえ、それを

蒸し返すのはあまりにも幼稚だと

改めて考えなおして、翌朝僕から

謝りました。

 

この時の喧嘩はそれで済みましたが、

それからというもの、妻は子供をあやす

際、ある言葉を発するようになりました。

 

ごめんね、離婚したらごめんね」と。

 

オムツを手早く代えられない時、

母乳の出が悪い時、誤ってどこか

ぶつけてしまった時、などなど…。

 

たしかに結婚して四年間、喧嘩という

喧嘩もなく、おしどり夫婦の模範!?

を自負していた二人が、娘の誕生という

環境の変化に適応できず、本当に些細な

ことから亀裂が生じてしまったのです。

 

おしどり夫婦があっという間に

離婚の危機を迎える…。

 

ジェットコースターのような展開に、

あの時の僕は正直、精神的にかなり

参っていたのは言うまでもありません。

 

hidechichi